看護師求人東京TOP>公立昭和病院の看護師求人

公立昭和病院の看護師求人

公立昭和病院は1928年3月に北多摩郡昭和病院組合として設立され、翌年の3月に伝染病予防法に基く伝染病院として業務を開始しました。公立昭和病院は西武新宿線の花小金井駅と小平駅の間の線路沿いにあり、感染症病床が6床で一般病床が512床で合計518床の急性期病院です。2010年には看護基準7:1を取得し地域医療支援病院の承認の他に、救命救急センターと地域がん診療連携拠点病院の指定も受けています。

公立昭和病院では常勤と非常勤の、正看護師の募集を行っています。業務内容は病棟・外来・オペ室・透析室・救命センターのいずれかにおける看護業務全般で、勤務時間は3交替制の場合は日勤が8:30〜17:15で準夜勤が15:45〜0:30で深夜勤が0:15〜9:00です。2交替制の場合は日勤が8:30〜17:15で、夜勤が15:45〜9:00です。

また救急外来勤務が月に1〜2回あり日勤は8:30〜17:15で、夜勤が16:15〜9:15の2交替制です。手術室の場合は3交替制の場合は日勤が8:30〜17:15で、遅出が10:30〜19:15で準夜勤が13:45〜22:30です。2交替の場合は夜勤が16:15〜9:15ですが、途中に仮眠する時間があります。透析室の場合は日勤が8:15〜17:00で準夜勤が14:45〜23:30の2交替制です。

給与は常勤の場合は大卒の正看護師の初任給が月給309,370円で、短大3年卒が月給299,900円です。経験3年目の大卒の正看護師の場合は月給323,285円で、短大3年卒の場合は月給315,189円です。この月給はそれぞれ一般病棟で、準夜勤が4回に深夜勤が4回が行われた場合です。また調整額は夜勤を、6回以上行った場合に支給されます。昇給は年に1回に行われ、ボーナスは年に2回支給されます。

その他の手当てとしては地域手当・危険手当・看護師手当・夜間看護手当・夜間勤務手当・扶養手当・住居手当・残業手当などで、交通費も支給されます。社会保険も完備されていて、退職金制度もあります。この他にも職員共済組合や職員互助会があり100室ある看護師寮の「ヘリックスコート花小金井」は病院から徒歩8分で、全室フローリングでBSアンテナが付いている個室です。

院内には保育園も設置されていて生後9週から、小学校就学前までの保育を行っています。そのためまだ小さな子供さんがいる看護師の方にとっては、公立昭和病院はとても働きやすい環境だといえます。



<看護師求人@東京>ランキング!人気No.1はココだ!

ナース人材バンク

>>「東京で看護師求人が見つかる!」人気転職サイト最新人気ランキングをチェックする!<<