看護師求人東京TOP>昭和大学病院の看護師求人

昭和大学病院の看護師求人

昭和大学病院は昭和大の敷地にある大学病院のほか、付属東病院、藤が丘リハビリテーション病院、横浜市北部病院、豊洲クリニック、付属烏山病院、歯科医院、さらに平成26年開設予定の新豊洲病院(仮称)があります。

昭和大学病院の看護師の特徴は何と言っても専門・認定看護師の在籍数で、専門領域も多岐にわたり、2012年3月現在では80名が専門・認定看護師として認められ働いています。 特に資格取得のためのバックアップ制度があるのではないのですが、充実した教育システムを持ち、実践環境があり、同僚のサポートが得られることが自己研鑽を行い専門・認定看護師を目指すことにつながっていると思われます。 昭和大学の8病院はそれぞれの特徴を活かし、特定機能病院、研修病院であり、看護師の質の高い看護が患者にとっても安心した医療施設として重要となっています。

新卒や中途採用・非常勤採用も行っており、2交代でシフトによる勤務が行われております。 休暇は4週8休で、祝日・年末年始・創立記念日・有給休暇があります。 給料は看護大卒の新卒の場合は289,900円、短大2年卒・看護学校2年卒では285,000円となっています。経験者の場合には給与に経験加算があり、

看護職員の採用試験日程は6月から1月にかけて旗の台キャンパスでは10回ほどあり、地方会場でも8月から9月にかけて試験が行われています。 病院見学会は随時受け付けており、合同就職説明会は全国各地で行われています。 また、7月半ばから8月末までインターンシップが行われており、まずは電話で予約を行い申し込みを行う必要があります。

昭和大学病院の注目点はやはり教育プログラムで、自分の看護師としてどんなキャリアなのかを把握し、キャリアパスに応じた教育システムの整備がされている点です。 中途採用経験者向けにも年齢やキャリアに応じた適切な加算制度があり、自分がどのくらいの経験と能力があるのか具体的に能力給としての換算が分かりやすく透明性があるのも魅力です。

充実した福利厚生もあり、各種手当(病棟手当、時間外手当、夜勤手当、住居手当等)や看護師寮の完備、退職金制度、スキルアップ給食制度、奨学金制度等が充実しています。

看護師としての知識・技術を高めたい、専門性をさらに磨きたいという人にとって、昭和大学病院は仕事環境として、学びだけではなく自己を高めつつ、他者を看護する充実した素晴らしい環境となっています。



<看護師求人@東京>ランキング!人気No.1はココだ!

ナース人材バンク

>>「東京で看護師求人が見つかる!」人気転職サイト最新人気ランキングをチェックする!<<