看護師求人東京TOP>聖路加国際病院の看護師求人

聖路加国際病院の看護師求人

聖路加国際病院は東京メトロでは日比谷線築地駅、有楽町線新富町液を最寄りの駅にしており、隅田川の近くにある100年を超える歴史のある歴史の古い病院の一つです。

患者に対してアンケートを取っておあり、患者による病院の満足度は入院患者は97%、外来患者は93%と高い満足度になっているのが特徴です。 ベット数が520床と多い病院ですが、医療を支えるスタッフは多く、約300人の医者と700人の看護師が聖路加病院の医療を支えています。医師の数は全国平均の4倍の数となっており、看護師はおよそ2倍の数となっており、手厚い看護が行える環境となっているのが魅力です。 ボランティアも多く360名が登録しており、医療の質を支えています。 急性期病院として多くの救急医療センターとしても地域に大きく貢献しており、地下鉄サリン事件では事件の重大性を受け止め、院長判断で外来を中止し100名以上の運ばれてくる患者をすべて受け入れ、地下鉄サリン事件の治療に大きく貢献した病院でもあります。 次々と運ばれてくる患者に豪華絢爛さのみをばかり指摘されていた病院でしたが、大量の患者を受け入れることのできる設備としても再注目されました。 医師や看護師も非番にもかかわらず駆け付け、病院のチームワークと医師や看護師のの粘り強い医療が評価されています。

聖路加病院は看護師の人気が高い病院のひとつとなています。 ゆったりと患者一人一人に対応できる環境があることと、キャリア開発のプログラムが組まれており、仕事の環境としても魅力的となっています。キャリアアップを支援するシステムがあり、一人ひとりに看護師に目標とやりがいのある仕事となっています。

インターンシップは夏期に行われており、7月前半から8月の後半まで数回に分かれて行われています。聖路加病院では入職希望の新卒の方にはインターンシップをすすめており、人気が高いようです。新卒の方も職務経験のあるからも、採用されるためにはまずエントリーが必要になっており、就職説明会や書類提出をおこなってから採用試験となっています。

採用試験は6月から9月に数回説明会があり、6月から9月まで毎月採用試験が行われます。 採用試験では面接や小論文等があるようです。ドイツ語より英語が重要視されているようです。

看護部の理念は患者QOLの向上を目指した看護サービスや社会の変化に対応した看護を提供するために自ら主体的に学び研究を行い、看護師の能力を適正に評価しながら育成を推進していくものとなっています。



<看護師求人@東京>ランキング!人気No.1はココだ!

ナース人材バンク

>>「東京で看護師求人が見つかる!」人気転職サイト最新人気ランキングをチェックする!<<