看護師求人東京TOP>国立国際医療研究センター病院の看護師求人

国立国際医療研究センター病院の看護師求人

国立国際医療研究センター病院は、1993年の日本の国際医療センターとして開設し、とくに日本におけるAIDS治療の研究、開発の最先端医療機関となっています。現在では肝疾患やメタボリックシンドロームの内分泌系、代謝系疾患の研究に重点をおいています。国内にある特定感染症医療機関の一つとなっています。

高度な専門医療を行っていて、学術的、研究機関的役割も担っているので、より研究や論文発表などに力を入れたい人、最先端の治療を体験してみたい、そうした医療の助けになりたいという看護師さんにはぴったりの環境を提供してくれます。自分から積極的に学ぼうという意志をもてば、それだけの見返りを得ることができるでしょう。

国立国際医療研究センター病院の所在地は新宿区戸山、そして分院は千葉県の市川市国府台なので、都内からのアクセスもよく、交通の便がいいことからかなり人気の病院となっています。一般に中途採用の場合は、看護助手や非常勤の場合はかなり簡単に入職できますが、正職員になりたい場合は、正規の手続きを経て職員にならなければなりません。

正規の看護職員の場合は、それぞれ新宿、市川ごとに詳しく募集要項を記載していますので、そのインストラクションに従って応募してください。夜勤も出来る人のほうが若干採用幅が広がります。市川のほうでは給与水準もかなり詳しく記載されているので、最初から福利厚生や給料や待遇について詳しく知ることができます。専門看護師や認定看護師なら、資格手当も受け取ることができますし、病院の敷地内に保育園も併設しているので、子育て中の人も安心です。かなり待遇の良い病院として、看護師の皆さんに人気があるのはこの内容を見れば頷けます。賞与もあるので、月々の月給と合わせてかなり魅力的です。

一度は大学病院や高度医療施設で働きたいと考えている看護師さんにはチャンスですし、有資格者で、子育て中、また復帰のタイミングを狙っている人、それからこれからのキャリアを考えてよりよい仕事経験を積みたいと考えている人にとっても、この病院の条件や環境は理想的ではないでしょうか。

いままでのスキルを生かし、またよりよい経験を積むためにこちらの国立国際医療研究センター病院で働くのも、看護師として、また専門看護師、認定看護師へのステップになることでしょう。とくに感染症、内分泌系、代謝系疾患の専門看護師になりたい人にはぴったりの環境です。



<看護師求人@東京>ランキング!人気No.1はココだ!

ナース人材バンク

>>「東京で看護師求人が見つかる!」人気転職サイト最新人気ランキングをチェックする!<<