看護師求人東京TOP>自分に合った転職先を見つけるために

自分に合った転職先を見つけるために

看護師が活躍する医療現場は、日々進歩する医療技術への対応や安全対策の実施などを求められる、高い看護スキルを求められるものとなっています。
東京都による「看護職員確保をとりまく現況」についての調査によると、医療技術の進歩や患者の高齢化・重症化等に伴う看護業務の密度の高まりや、7対1看護配置基準の導入及び在宅医療ニーズの高まりによる看護体制の強化など、看護需要はますます高まっているとされています。
その反面では、少子化の進行に伴う18歳人口の減少傾向により、今後、養成数の大幅な増加を期待することは困難な状況にあり、さらに、看護職は資格職でありながら、離職率が15.99%と比較的高く、また、看護業務に従事していない潜在看護職は、都内で約5万人と推計されているそうです。

東京都の看護職員就業等実態調査によると、看護職を続けるための支援として現役看護師からは、「系統的な施設内の教育プログラム」や、「外部講師を招いた施設内研修」を求める割合が高くなっているそうです。
小学校6年生以下の子どもをもつ従事者が全体の4分の1を占めている状況もあり、看護職員が働き続けるための支援として、「育児介護休業等の取得促進」や「短時間正職員制度の利用促進」を望む割合も高くなっています。

また看護師の退職(離職)理由については、「結婚」「出産・育児」といったライフイベントに起因するものや、「転居」「身体的な不調」などが上位。
生涯の働き方については、看護職員として働き続けていきたいとする意向がほとんどを占めており、結婚・出産・育児などで仕事をやめて、その後は看護業務に従事しないといった意向は少数となっています。

インターネットの求人情報サイトを見てみると、東京では看護師不足の状況が続いているために数多くの看護師求人情報があります
多くの求人情報のなかから、自分に合った転職先をみつけるためには、まずは離職の原因について改めて考慮し、その点をクリアにすることが重要です。
多くの看護師求人情報サイトでは、無料の会員登録をすることで、非公開情報や求人先の詳細な情報を手に入れることができます。

まずは自分の希望を明確にし、それにマッチした転職先を探すこと。
インターネットの看護師求人情報サイトの転職支援サービスを利用すれば、転職先のマッチングをお任せできます。
勤務条件の交渉などを代行してくれるコンサルティングサービスを行っているサイトなどもありますので、是非チェックしてみてください。



<看護師求人@東京>ランキング!人気No.1はココだ!

ナース人材バンク

>>「東京で看護師求人が見つかる!」人気転職サイト最新人気ランキングをチェックする!<<